あそびとしつけ

クリッカーでインコのしつけに挑戦しよう!

更新日:

クリッカーとインコ

インコが自分の言うことを聞いてくれたらいいなと、思うことはないですか?

インコは頭がいいので、トレーニングをすると飼い主の指示をきちんと理解して、思うように動いてくれるようになります。

 

 

たとえば、次のような場面で、クリッカートレーニングが役に立ちます。

  • インコの体重を量るとき
  • 放鳥後ケージに戻すとき
  • 高いところに止まって降りてきてくれないとき

 

この記事では、クリッカーを使ったトレーニングのはじめ方についてまとめています。

 

 

準備するもの

準備するものは、ごほうびのエサクリッカーです。

 

クリッカーは、押すとカチッと音が鳴るもので、ペットショップの犬用品の売り場などに置いています。

created by Rinker
ペットセーフ
¥392 (2018/10/17 20:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

エサはいつもあげているシードやペレットなど、ひと口で食べられるものにします。

片手でササっと開け閉めできるケースがあれば使ってもいいし、なければ手であげても構いません。

 

 

 

クリッカートレーニングの方法

クリッカートレーニングは、インコが指示どおりに動いたら、クリーカーを1回鳴らして、エサをひと口与えるというのが基本です。

 

クリッカーの音は、「OK」や「 Good」と同じ意味です。

 

人間の言葉で「よし!」や「いいよ」などと褒めても、日によって声のトーンが変わったりするので、インコにうまく伝わりません。

 

クリッカーの音は毎回同じなので、「クリッカーの音=褒められている」と覚えやすくなります。

 

 

トレーニングをはじめるときは

トレーニングはインコが落ち着いているときに、1日5〜10分くらい行います。

 

インコがおもちゃで遊んでいたり、飛び回っているときは、落ち着くまで待ちましょう。

 

あまり長い時間トレーニングをしていると、集中力がなくなるし、お腹がいっぱいになるので、5〜10分くらいで終わるようにしましょう。

 

 

 

クリッカーの音を覚えさせる

まずは、クリッカーの音とごほうびのエサを紐付ける訓練です。

クリッカーの音を覚えさせるイラスト

  1. インコと向かい合って、手はテーブルの下に隠します。
  2. クリッカーを1回カチッと鳴らして、エサをひと粒インコに与えます。

 

これを、10回〜20回ほど繰り返します。

 

クリッカーの音に反応して、エサを探すような仕草をしたら、次のステップに移ります。

 

「クリッカーの音→エサがもらえる」という法則がわかっていないようなら、次の日もまた繰り返します。

 

クリッカーは、トレーニングのとき以外は鳴らさないようにしましょう。

 

 

Lesson1「ここにのって」を教えよう

インコがクリッカーの音を覚えたら、簡単な指示を出してみましょう。

はじめは低めの小さな止まり木を使うと、やりやすいです。

created by Rinker
スドー
¥435 (2018/10/17 20:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

インコから40〜50㎝くらいの位置に、止まり木をおきます。

 

近すぎると指示がなくてものってしまうので、近すぎず遠すぎずの距離にします。

 

インコに「ここにのって」と伝えるために、止まり木を軽くトントンとたたきます。

止まり木を叩くイラスト

 

はじめは知らんぷりしたり、どこか違う方向に行ってしまうかもしれません。

 

だけど、何度も続けていると、偶然止まり木の方にむかって歩くことがあります。

 

インコが止まり木に近づくイラスト

このとき、少しでも止まり木に近づいたら、クリッカーを鳴らしてエサを与えます。

 

何度も繰り返していると、インコも「こっちの方に歩けばエサがもらえる」と覚えます。

 

そうして止まり木までの距離を縮め、最終的には止まり木にのった瞬間にクリッカーを鳴らします。

止まり木にのるインコ

 

難しければ、止まり木の位置をすこしインコに近づけてみましょう。

 

はじめはうまくいかなくても、毎日根気よく続ければ、必ずできるようになります。

 

一度「ここにのって」を覚えたら、止まり木以外のところでもトントンとすると、そこにのってくれるようになります。

 

体重を量るときや、ケージに戻すときにも使えるので、がんばって覚えてもらいましょう。

 

 

 

楽しみながらトレーニングをしよう

インコは、空気を読むことができます。

 

飼い主が笑顔で楽しみながら教えると、インコもトレーニングを楽しみます。

 

うまくいかなくてイライラしてきたら、その日のトレーニングは終了して、また次の日に挑戦してください。

 

クリッカーを鳴らしていても、笑顔で「いい子だねー」と声をかけほめてあげることを忘れないようにしましょう。

 

こちらの本にも、クリッカートレーニングの詳しい方法が載っています。

写真付きでわかりやすく紹介されているので、おすすめです。

 

 

-あそびとしつけ
-

Copyright© セキセイインコのいる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.