お世話と暮らし

インコの日光浴。UVライト(紫外線ライト)も活用しよう!

更新日:

インコの健康を維持するためには、日光浴は欠かせません。

インコは太陽の光を浴びることによって、体内にビタミンD3を合成します。

ビタミンD3はカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、これが不足すると「カルシウム欠乏症」などの病気を引き起こす原因になります。

インコの体調が良く、天気のいい日はできるだけ毎日、日光浴をさせるようにしましょう。

セキセイインコの正しい日光浴の方法

ガラス戸を開け、網戸越しで

窓を開けて日光浴

ガラス越しだと、必要な紫外線がカットされるので、ガラス戸を開け網戸を閉めた状態で日の当たる場所にケージを置きましょう。

ケージ全体に直射日光が当たらないように、日影になる部分も作るようにします。
こうすることで、暑くなったらインコが自分で日影に逃げることができます。

時間は15分〜30分くらいで臨機応変に

日光浴をさせる時間は、できれば日差しが柔らかい午前中に、15〜30分くらいの短い時間で構いません。

夏の暑い日や、冬の寒い日は短時間ですませ、くもりで日が当たらないときは少し長めにするなど、その日の状況に合わせて時間を調整しましょう。

日影やくもりの日でも、空気や地面に反射した紫外線を浴びることができます。

インコから目を離さないで

猫、カラス、ヘビなどに狙われないように、日光浴中は必ず飼い主が近くにいて見守るようにしましょう。

ヘビはどんなに狭い隙間でも侵入してくるし、猫は上手に網戸を開けて入ってくることがあります。
屋内でも油断は禁物です。

また、ケージ内に日影を作っていても太陽の向きが変わって、いつの間にか暑くなりすぎていることもあるので、気をつけましょう。

日光浴ができないときはUVライトを活用しよう

できるだけ太陽光を浴びさせるのが望ましいですが、生活環境によっては難しいこともありますよね。

わが家も、日当たりが悪い上に、冬は防寒用のケースをつけているので、十分な日光浴ができていません。

そこで、UVライト(紫外線ライト)も活用することにしました。

UVライトの選び方

UVライトは、爬虫類用や熱帯魚用など様々なものが売っていますが、必ず鳥用を選ぶようにしましょう。

わが家ではビバリアの「スパイラルUVB For Bird」というのを使っています。

created by Rinker
ビバリアレップカルジャパン
¥2,430 (2019/10/16 23:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

動物によって、必要な紫外線の種類(UVA/UVB)や強さが違うので、気をつけてください。

UVライトの使い方

クリップ付きのソケットで、ケージの上に設置します。

created by Rinker
ビバリア
¥2,020 (2019/10/17 13:20:58時点 Amazon調べ-詳細)

有効照射距離は商品によりますが、私が使っているライトは50センチまでと書いていました。

インコから50センチ以内にライトを取り付けます。

カーテンレールを利用して取り付けているため、少し距離があるので、放鳥中もオンにして、インコの方から近づいてもらっています。

照射時間は、説明書に記載がないので適切かはわからないですが、わが家ではタイマーで1時間ほど付けています。

照明としても使える

サーモスタットに接続して、タイマーを設定しておけば、外出時の照明としても利用できます。

created by Rinker
ジェックス
¥9,165 (2019/10/17 07:31:24時点 Amazon調べ-詳細)

私はこのサーモスタットを使用しています。

ヒーターは設定温度に応じて電源が入り、UVライトはヒーターとは別にON/OFFの時間を設定できるので、便利です。

UVライトもうまく取り入れながら、毎日の日光浴でインコの健康を保ちたいですね。

また、夏の日光浴は、熱中症にも注意しましょう。

-お世話と暮らし
-,

Copyright© セキセイインコのいる暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.