放鳥後ケージに戻らないインコをケージに戻す方法

ケージに戻らないインコ

よく懐いているインコほど、放鳥後にケージへ戻るのを嫌がります。

手に乗って大人しくしているから、すんなり入ってくれるかなと思っても、いざケージの前に来ると逃げ出してしまい、気が付けば鬼ごっこになっていたり…。

なかなかケージに戻ってくれないときは、お互いに体力を使いますよね。コツを掴むとあっさり戻ってくれるようになるので、いろいろ試してみてください。

スポンサーリンク

ケージに戻すときの基本

ケージに戻すときは、絶対に手で捕まえてはいけません!

手で捕まえて無理やりケージに戻すと、手を怖がり噛むようになったり、捕まえられるのが嫌でますますケージに戻らなくなってしまいます。

どうしても捕まえなくてはいけないときは、素手で掴むのではなく、タオルでそっと包むようにして捕まえてください。そうすると、タオルを嫌いになることはあっても、手を嫌いになることはありません。

また、毎日時間を決めて放鳥していると、インコも「そろそろ戻る時間だ」と認識します。放鳥中はたっぷり遊び、疲れさせることも大切です。

おもちゃやおやつで釣る

お気に入りのおもちゃやおやつをチラつかせて、徐々にケージへ誘導します。

この方法はとても有効ですが、何度もしていると学習して誘いに乗ってこなくなります。

お腹を空かせてケージに戻す

お腹を空かせて、餌を食べにケージに戻った時に扉を閉める方法です。放鳥している間にお腹が空くのを待っていると時間がかかるので、やり方としては、お腹が空いている時間に放鳥をする方が簡単です。

まずは1日に食べる餌の量を把握し、放鳥する時間を起点に一度に与える餌の量を調整します。

例えば、1日5gの餌を食べる場合、夕方に放鳥するとしたら、朝に3gの餌を入れ、夕方の放鳥後に2g追加します。これを何日か繰り返していると「放鳥後は餌がもらえる」と認識し、すんなりケージに戻るようになります。

※仕事などで長時間留守にする場合、空腹時間が長くならないように慎重に餌の量を調節してください。

わが家はダイエットで食事管理をしていることもあり、この方法が定着しています。

電気を消して暗くする

驚かせてしまう可能性もあるのであまりお勧めできませんが、どうしても逃げ回って捕まえられない!というときは、暗くして捕まえる方法があります。朝や昼間の明るい時間は使えませんが、夕方以降に有効な技です。

インコが止まっているタイミングを狙って電気を消します。飛んでいる時に暗くすると、着地に失敗して危ないので、必ず止まっている時に消してください。

真っ暗にすると、飼い主も見えなくて危ないので、薄暗い程度にしてください。

インコは暗闇でも人間と同じくらいは見えていますが、捕食される動物なので、暗い場所では大人しくなります。驚かさないようにそっと近づいて、手に乗せてケージに戻してください。

クリッカーでしつける

クリッカーはボタンを押すと「カチッ」と音が鳴るもので、犬や猫をしつけるときに使われます。犬と同じようにインコにも使うことができます。

インコを褒めるときに「よし!」「いい子だね〜」「えらい!」など、さまざまな言葉をかけると思いますが、毎回同じ言葉でも日によってトーンが微妙に違っているので、インコは「今のは褒められたの?」と迷ってしまうことがあります。

クリッカーは毎回同じ音が鳴るので、クリッカーを鳴らし餌をあげると、「クリッカーの音=餌がもらえる=褒められている」と容易に関連づけることができます。

クリッカーを使って芸を教えることもできますが、日常のコミュニケーションで取り入れると、まるでインコに言葉が通じているかのように言うことを聞いてくれるようになります。

「こっちに来て欲しい」「ココに乗って欲しい」「ケージに入って欲しい」など、飼い主が要求を伝えやすいと同時に、インコも「こうして欲しかったのか」とすんなり理解できるので、お互いにストレスなく意思の疎通が測れるようになります。

覚えるまで、数週間から数ヶ月はかかりますが、ケージに戻って欲しいときもクリッカートレーニングはおすすめです。

ケージに戻ったら

無事にケージに入ってくれたら、ご褒美のおやつをあげて、しっかり褒めてあげましょう。

飼い主が急にいなくなると「ケージの中は寂しい」と思ってしまうので、しばらく声をかけて「ケージの中も楽しい」と思ってもらえるようにします。

放鳥中はケージの扉を開けっ放しにしておいて、自由に出入りできる状態にしておきましょう。気まぐれでケージに入っても、放鳥終了の時間までは扉を閉めないようにします。すぐに扉を閉めてしまうと「閉じ込められた!」と認識し、ケージの中に入ることを警戒します。

どの方法が適切かはインコによって違うので、無理のない程度にいろいろ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする