セキセイインコの病気のサイン。こんな症状は要注意

寝ているインコ

セキセイインコは丈夫で飼いやすい鳥ですが、病気になることもあります。本来インコは捕食される動物なので、天敵に気づかれないように体の不調を隠す習性があります。

「病気かもしれない!?」と気付いたときには、症状が深刻になっているケースもあります。だけど、すぐに気付いて対処すれば治る病気がほとんどです。

いつもと違うところはないか、毎日インコの様子を確認しましょう。

スポンサーリンク

セキセイインコの健康チェック

見た目のチェック

インコの健康チェック

  • 目が赤くなっていたり、はれていないか
  • 鼻のまわりが汚れていないか、色が変わっていないか
  • くちばしが伸びていないか、変形していないか
  • 頭や顔が汚れていないか
  • 爪が伸びすぎていないか、出血していないか
  • 羽が抜けてはげていないか
  • 羽の色は以前と同じか
  • お腹や胸がふくれていないか
  • お尻が汚れていないか

いつも通り元気そうにしていても、見た目の変化で病気に気づくこともあります。

例えば、くちばしが変形していたり長く伸びていたら、肝臓疾患が疑われます。鼻や口にかさぶたのようなものがあれば、疥癬(かいせん)という病気かもしれません。

メスは、発情によって鼻の色が茶色く変わることがありますが、オスなのに茶色く変色してきたら、精巣腫瘍などが疑われます。

インコは換羽の時期に羽が大量に抜けますが、皮膚が見えるほど羽がなくなることはありません。不自然に羽が抜けていたり、抜けた羽に血がついている場合、毛引き自咬症(じこうしょう)PBFD(ウイルス性の羽毛疾患)が考えられます。

毎日見ていると、小さな変化は気づかないことが多いので、定期的に写真を撮っておくといいですね。体重の変化も重要なサインになります。体重測定は毎日の日課にしましょう。

参考になるサイト

小鳥のセンター病院「小鳥の病気.com」

目を覆いたくなるような痛々しい写真もありますが、写真が豊富でわかりやすいサイトです。

行動や仕草をチェック

羽をふくらませている

インコは体調が悪いときは、羽をふくらませて動かなくなります。病気以外でも、寒いときや毛づくろいをしているときや、寝ているときもふくらむことがあるので、慣れないうちは見極めるのが難しいかもしれません。

膨らむインコ

寒いだけなのか、眠いだけなのか、よくわからないときはとにかく保温して様子を見ます。28度〜30度くらいまで上げてもふくらんでいるようなら、病気の可能性が高いです。

糞がいつもと違う

インコのフン

健康なセキセイインコの糞は、水分が少なくコロンとした固形のウンチです。

さし餌を食べている雛は、餌に水分が多く含まれているので、少し水っぽい糞をします。

色は食べている餌にもよりますが、通常は深緑色をしています。赤色や黄色のペレットを食べていると、糞の色もその色になります。普段の糞の状態をよく覚えておきましょう。

下痢のときは、糞の形が崩れてドロドロになります。糞の形はあるけど水分が多く出るときは「多尿」です。夏の暑い時期や、換羽のときになることがあります。多尿はそれほど心配しなくても大丈夫ですが、長く続く場合は獣医に相談してください。

吐いている

吐き戻しと嘔吐

オスは発情していると求愛行動で食べた餌を吐き出します。メスも、吐き戻しをすることがあります。この場合、首を縦に振って、足元や求愛対象に向けて吐き出します。発情による嘔吐は生理的なものなので、それほど心配することはありません。

病気のときは、首を左右に振って、吐瀉物を撒き散らします。吐く瞬間を見ていなくても、頭や顔が汚れている場合は吐いた可能性があります。

くしゃみや咳をしている

インコも人間と同じように、くしゃみや咳をします。1日に何度もするようなら、風邪かもしれません。インコの風邪の症状も、くしゃみや鼻水、咳が出たりします。ただの風邪だと思っていても、肺炎を起こしたり呼吸器の病気の可能性もあります。

素人が判断するのは難しいので、念のため病院で診てもらいましょう。

元気がない・食欲がない

いつもはケージの扉を開けると一目散に外に飛び出してくる子が、なかなか外に出てこない。いつものように鳴いたり喋ったりしない。餌を全く食べていないなど、少しでも普段と違うと感じたら、保温をしてよく観察してください。

換羽のときも、元気がなくなることがあります。体重の増減はないか、糞の状態、嘔吐やケガをしていないかなども合わせて確認しましょう。

口を開けて呼吸をしている

暑いときや運動の後は、口を開けてハァハァと呼吸をすることがありますが、何もしていないときに口を開けて呼吸をしていたら、呼吸器系の病気が疑われます。

セキセイインコの呼吸は、人間が耳を近づけても呼吸音は聞こえません。もし、「ゼーゼー」や「プチプチ」など異常な呼吸音が聞こえる場合は、肺炎や甲状腺腫などが疑われます。

病気のときの応急処置

インコの体調不良に気づいたら、まずは保温することが大切です。

プラケースやキャリーケースにインコを入れて、ペットヒーターで28〜30度まで暖めます。暑がっていないか、確認しながら温度を調節してください。

放鳥や水浴びはせずに、ケースにタオルをかぶせ薄暗くして、ゆっくり休ませます。

症状が軽い場合は、保温するだけで良くなることもありますが、どんな病気が隠れているかわからないので、すぐに動物病院を受診してください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする