インコの餌「ナチュラルラックス セキセイブレンド」は11種類のシード配合

ナチュラルラックス

ずっと気になっていたインコの混合シード「ナチュラルラックス セキセイブレンド」を買ってみました。

パッケージがかわいくておしゃれなんだけど、中身がよくわからないので買えずにいました。インコのダイエットが落ち着いたので、試しに買ってみると、いろんな種類のシードが入っていてすごくいい感じでした!

スポンサーリンク

ナチュラルラックス セキセイブレンドについて

アミノ酸を配合

ナチュラルラックスは殻付きのシードミックスですが、カナリーシードの一部の殻をむいてアミノ酸をコーティングしているそうです。

パッケージの説明

アミノ酸はタンパク質の原料です。タンパク質は、体を作る大切な栄養素です。換羽の時期は新しい羽根を作るために、より多くのタンパク質を必要とします。

アミノ酸の何種類かは、体の中では合成されず食べ物から補給しなくてはいけません。それを「必須アミノ酸」と言います。

「必須アミノ酸」はシードだけで育てていると、不足してしまうことがあります。不足すると、代謝が悪くなり肥満になりやすいと言われています。

ナチュラルラックスで、必要量の必須アミノ酸が補えるかはちょっとわかりませんが、何もないよりは良さそうです。

袋の中

パッケージの中身がアルミのようになっているのは、アミノ酸をコーティングしたカナリーシードを保護するためだそうです。普段はシードを他の容器に移して保管していますが、ナチュラルラックスはこのまま使うことにしました。

配合されているシードの種類

ナチュラルラックスの中身

いろんなシードが配合されていて、色あざやかでおいしそうです!

シードの種類

玄粟・玄ヒエ・玄キビ・玄赤粟・玄赤ヒエ・玄赤キビ・カナリーシード・大根種子・青米・モルト(ビール麦)・麻の実が配合されています。

青米、モルト、大根種子ははじめて見ました。

だけど、うちのインコたちは、麻の実・モルト・青米などの大きいシードを残していました。

麻の実

食べられることに気づいていないのでは?と思い、飼い主が殻をむいて指であげると、すこし食べてくれました。一度コツを覚えると、大きな麻の実も上手にむいていましたが、あまり好きではないみたい。

麻の実は、脂肪分がかなり多いので、食べなければ無理に与える必要はありません。食べ過ぎると肥満や肝臓の病気になることもあるので、気をつけてください。

モルトと青米は、硬すぎるのか、食べてくれませんでした。そのうち遊びながら食べることもあるかな?

食べないものもあるけど、それ以外は躊躇することなく、ガツガツ食いついていました。

個人的にはヒエ・アワ・キビが、それぞれ白と赤どちらも入っているのが高評価です。インコも色でおいしそうなものを見分けているらしく、赤い実から好んで食べています。色あざやかなものは、インコの食欲にもいい影響を与えていると思います。

インコたちも気に入ってくれているようなので、しばらくは「ナチュラルラックス」で様子を見ることにします。

「大きなシードが残るのは嫌だ」という方には、「ナチュラルラックス 小型フィンチ」がいいかも。こちらはの配合は、赤あわ、赤ひえ、カナリーシード、玄ひえ、玄あわ、ムキシード、アミノ酸となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする