インコの餌。おすすめのシード3種類を比べてみました

食べることは生きることです。餌選びはインコの飼育において非常に重要です。

人間と同じくインコも、食べたものが肉となり骨になります。

自然界で生きる野生のインコは20種類以上の種子を食べていると言われます。

だけど人に飼われているインコは、ヒエ、アワ、キビなどせいぜい5種類程度です。

だったらせめて、少しでも美味しくて栄養バランスが優れているものを選んであげたいですよね。そこで、インコオーナーに人気のシード3種類を比べてみました。

キクスイの「赤皮付餌」

キクスイの餌

キクスイは鳥の餌専門のネットショップです。価格も安く、3000円以上で送料無料(一部地域を除く)になり買いやすいので、飼い主の間でも有名なメーカーです。

脂質が多いと言われるカナリーシードが入っていない、ダイエット用のシードを扱っているのもありがたいです。

私もこちらの餌を購入していましたが、2016年12月に異物混入が発覚しちょっとした話題になりました。植物の茎や葉っぱならまだいいのですが、ネズミの糞が入っていたとのことで、さすがに考えてしまいますよね。

異物混入の発覚後はホームページ上で品質が保証できないことが明記されています。

キクスイ-現在のシード類の品質について

購入する際は、このあたりの事情をよく理解した上で買うようにしましょう。

異物画像

ちなみに、2〜3分ほど探してみただけでもこれだけの異物が入っていました。

インコも食べられないものは食べないとは思いますが、与える時に変なものが混ざっていないか確認した方が良さそうですね。

ただ、シンプルで食べやすいのか、インコたちの食いつきは上々です。

まとめ

【キクスイ赤皮付餌】
購入はキクスイのサイトから

  • 外国産
  • 玄赤ヒエ、カナリーシード、玄赤アワ、玄赤キビ
  • 600g 476円(税別)(100gあたり83円)

※価格は参考価格です。詳細はHPにてご確認ください。

黒瀬ペットフードの「プロショップ専用 mania(マニア)」

mania

こちらはホームセンターなどでも購入できます。amazonでも扱っているので他のものを買うついでに買えて便利です。

「プロショップ専用」と書かれているだけのことはあり、栄養面もしっかり考えて作られているようです。配合されているシードの種類も多い上に、6種類の野菜と3種類のフルーツも配合されています。またボレー粉やトウガラシまで入っていて、本当に小鳥のことを考えて作られていることがわかります。

ちょっと気になる点は、エン麦(オーツ麦)が多く入っていることです。

うちのインコたちは食べたり食べなかったりですが、残している日の方が多いです。また、エン麦はカロリーと脂質がヒエやキビに比べて少し高めなので、主食ではなくおやつでたまにあげる程度の方がいいのかなと思っています。

ニガシード(黒くて細長い種)が配合されているのはあまり見ないので、インコたちも味のバリエーションを楽しめていいと思うのですが、これも脂肪分が多いので与えすぎは注意ですね。

健康な子にはいいですが、肥満気味の子がmaniaを主食にしちゃうのは少し心配です。

まとめ

【プロショップ専用 mania】
購入はamazonから

  • 外国産
  • ヒエ、ムキオート麦、シード、アワ、キビ、赤キビ、クロレラアワ、ニガシード、ボレー粉、野菜顆粒(ケール、大麦若菜、モロヘイヤ、カボチャ、ニンジン、チンゲン菜)、フルーツ顆粒(イチゴ、リンゴ、バナナ)、ビール酵母、オリゴ糖、クロレラ、トウガラシ
  • 1L(680g) 742円(100gあたり109円)

※価格は参考価格です。購入店舗や時期により異なります。

黒瀬ペットフード 国産「小鳥の主食3種ブレンド」

3種ブレンド

ホームセンターなどで売っているインコのシードは、ほとんどが外国から輸入されたものです。国産のものはやはり価格は高めですが、海を越えていない分保存料も少ないと思うと安心です。

こちらはヒエ、アワ、キビの3種をブレンドしたものになります。プリプリしていて美味しそうです。

大粒の黒キビが入っているので、はじめて与えるときに臆病なインコは驚いたみたいで、餌の前でオロオロしてなかなか食べてくれませんでした。食いしん坊のインコはガツガツ食いついていましたが…。

amazonのレビューでも黒キビに驚いていたというコメントが多いので、以前から与えている餌に少しづつ混ぜて、様子を見ながら与えた方がいいかもしれません。

一粒食べると気に入ったみたいで、もりもり食べてました。価格が高いのがちょっとネックですね。

まとめ

【国産小鳥の3種ブレンド】
購入はamazonから

  • 国内産
  • ヒエ、アワ、キビ
  • 600g 1,788円(100gあたり298円)

※価格は参考価格です。購入店舗や時期により異なります。

我が家でのシードの与え方

上記の商品を比べてみて、我が家では「小鳥の3種ブレンド」「mania」を与えています。

肥満気味でダイエット中の子には、「小鳥の3種ブレンド」をメインに「mania」を1割ほど混ぜ、標準体重の子には半分づつ混ぜて与えています。もう少し、ヘルシーだけど栄養たっぷり!って感じのものがあるといいのですが…。

他にも良さそうなものがあればどんどん試して、食べる楽しみを増やしてあげたいです。

他にもインコの餌が買える通販サイト

とりことりこ

オーガニックの餌を販売しているショップです。有機栽培や無農薬栽培を取り入れている農家から直接仕入れているそうで、品質にとてもこだわっています。サイト上でも丁寧な説明が明記されており、誠実さが伝わります。

お値段は高いですが、いつか試してみたいです。

CAP!

こちらもインコオーナーの間では人気のショップです。無農薬栽培の国産雑穀を扱っています。評判がいいみたいなので次回、試してみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする