インコの食べ物

インコの主食はシードとペレットどっちがいいの?

更新日:

インコの主食は、大きく分けてシードとペレットの二つに分けられます。

どちらにもそれぞれのメリットとデメリットがあるので、自分のインコに合う食事方法を考えましょう。

 

 

シード食のメリットとデメリット

シードとは

植物の種子のことで、セキセイインコにはヒエ・アワ・キビなどを中心とした混合シードを与えるのが一般的です。

野生のセキセイインコもシードを主食としていますが、不足する栄養を補うために、ときには果物や昆虫も食べているそうです。

 

シードだけでは栄養が補えない

野生のインコと同じ食事を家庭で用意するのは難しく、シードだけではたんぱく質やミネラル・ビタミンなどが不足してしまいます。

それを補うために、副食として野菜やボレー粉を与え、飲み水にはビタミン剤を溶かして与えますが、それでもやはり不足する栄養素はあるみたいです。

 

 

シードは味のバリエーションが豊富

インコにも味覚があり、好きな味を判別し、好みのシードとそうでないものを食べ分けています。

シードにはそれぞれ味に違いがあるので、インコに食べる楽しみを与えます。

シードの皮を剥く作業が脳に刺激を与え、ストレス解消にもなります。

 

シードはペットショップだけではなく、ホームセンターや最近では100円ショップでも売られていて、入手が簡単です。

混合シードだけではなく単独シードも売っているので、補いたい栄養素を考えて自分で配合できるのも魅力です。

 

created by Rinker
黒瀬ペットフード
¥362 (2018/10/17 15:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

オーチャードグラスオーツ麦は、おやつに与えている飼い主さんも多いです。

人間のセレブやモデルの間でダイエット食として人気のキヌアアマランサスも、混合シードではあまり配合されていませんが、単独シードとして売っています。

 

 

シードは皮付きのものを

シードには皮付きと皮むきのものがあります。

皮むきのシードは殻が出ないので掃除がしやすかったり、殻に埋もれて下の方のシードが食べられなくなるという心配がありません。

ですが、皮付きのものに比べて栄養価が低くく、皮を剥く楽しみもないので、できる限り皮付きのものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

ペレット食のメリットとデメリット

ペレットとは

ペレットはインコに必要な栄養素が全て配合されている総合栄養食です。

ドッグフードの様な見た目で、大型インコ用、中型インコ用、セキセイインコなどの小型インコ用に分けられています。

 

コンパニオンバード先進国の欧米ではペレット食の方が主流になっており、日本で販売されているペレットのほとんどがアメリカなど海外からの輸入品です。

 

ペレットは健康管理がしやすい

ペレットを主食にする場合、ペレットだけで必要な栄養を満たすことができるので、基本的には野菜やボレー粉やサプリメントは必要ありません。

 

飼い主が栄養バランスを考える必要がないので、健康管理がしやすくなります。

 

また、万が一病気になった場合、病気の要因に「食生活」が排除されるため原因の追求がしやすくなります。

シードより消化もいいので、ペレットを進める獣医師も多いようです。

 

 

ペレットを食べないインコもいる

ペレットはシードに比べて味が単調で、慣れていないインコはなかなか口にしてくれません。

食べてくれたとしても、同じものだけを毎日与えていると単調な食事でインコも退屈になってしまうかもしれません。

 

また、製品によっては原材料の明記が不明瞭だったり、色付きのものは着色料や発色剤についての明記がなかったり、安全性に不安なものもあります。

 

 

ペレットには色付きのものと無着色のものがある

赤や黄色のカラフルなものは色ごとに味が違うので、普段ペレットを食べ慣れていないインコにも食べやすいみたいです。

だけど、ペレットの色がそのまま糞に出るので、健康チェックがしにくくなります。

また、どのような着色料が使われているか不明なこともあるので、心配なら色のついていないものを与えるのがベターです。

 

 

理想はペレットとシードどちらも与えること

個人的な考えですが、どちらのメリットとデメリットも考慮した上で、最善なのはペレットで栄養を補いながら、シードで食のバリエーションをつけることかと思います。

 

我が家のインコは現在シード食ですが、1羽が肥満体質で獣医の指導のもとダイエットをしています。カナリーシードやオーツ麦など脂質が多いものを減らし、食事の量を制限していますが、そうなるとやはり栄養面が心配です。

 

こんな時ペレットを食べてくれたら、栄養も取れるし肥満も解消されるかもしれないのに、と思ってしまいます。

 

ですが、普段シードをメインで与えているのでペレットを差し出しても食べてくれないんですよね。

難しいですが、無理のない程度に少しづつペレットに切り替え、最終的には主食の7〜8割をペレットにし、シードはおかず的なポジションで与えることができればと考えています。

 

 

現在シードを主食にしている方は、試しにペレットも与えてみてください。もしかすると、すんなり受け入れてくれるかもしれません。そうなると、飼い主の負担も少しは軽くなるかもしれないですね。

 

 

シードとペレットのことはもちろん、小食で体重が増えないときや食べすぎて肥満になるときの原因と対策がわかりやすく解説されています。

イラストや写真も多くて読みやすいので、インコの食事管理で悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

 

-インコの食べ物
-,

Copyright© セキセイインコのいる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.