お世話と暮らし インコを迎えよう

セキセイインコの性別の見分け方。雛&成鳥の写真付き

更新日:

ペットショップでセキセイインコ の雛を見ると、オスもメスも同じケースにいれられてワイワイしてますよね。

気に入った子を選んで店員さんに性別を聞いても「たぶん男の子だと思うんだけど…」とか「ちょっとまだわからないです」と、はっきりしない返事が返ってくることがあります。

 

セキセイインコの雛は、オスとメスの区別がつきにくいのです。

 

生後半年ほど経つと、鼻の色が変わってきたり、発情による行動で性別がわかりやすくなってきます。

もしも、「どうしてもオスがいい」など性別のこだわりがあるなら、生後半年以上の若鶏をお迎えした方がいいと思います。

 

 

セキセイインコの性別は鼻(ろうまく)の色で見分けますが、品種によって色が異なります。

飼っているインコの品種がわからないときは、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

セキセイインコの雛の性別の見分け方

セキセイインコの雛は、オスもメスもどの品種でも鼻の色はピンク色をしています。

そのため雛の性別を見極めるのはとても難しいのですが、よ〜く見ると少しだけ違いがあります。

 

雛の性別

オスは、均一にきれいな濃いピンク色をしています。

メスは、鼻の穴の周りが白っぽくなっています。

 

 

 

セキセイインコの成鳥の性別の見分け方

鼻の色で性別を見分ける

ノーマル、オパーリン、パイドなど

オスは、成鳥になると鼻が青くなります。

メスは、白っぽいピンクか、茶色になります。

 

セキセイインコの性別

写真は、オパーリンのオス(左)とメス(右)です。

 

セキセイインコオパーリンの性別

左がノーマルのオス。右がオパーリン・スパングルのメスです。

メスは発情していると、写真のように鼻がカサカサになり、色も茶色く変化してきます。

 

いろんな品種が混ざっていると、オスでも青くならないインコもいます。

 

 

ハルクイン、アルビノ、ルチノー

オスは、紫がかったピンク

メスは、ピンクっぽい白か少し青みがかった白です。

ハルクインとルチノー性別

左はハルクインのオス。右はルチノーのメスです。

鼻が青くならない種類のセキセイインコは、性別を見分けるのが難しいですね。

個体差もあるので、写真のようにはっきり色が出ていないインコもいます。

 

 

 

行動で性別を見分ける

鼻の色で見分けるのが難しい時は、インコの行動や仕草で見極めます。

セキセイインコは、生後半年を過ぎた頃から繁殖可能となり、オスとメスそれぞれの特徴が出てきます。

 

 

オス

  • 吐き戻しをする
  • お尻をこすりつける
  • 人間の言葉を話す

人の言葉を真似しておしゃべりをするのは、オスに多く見られます。

これは、オスがメスの鳴き声を真似して、気をひく習性があるからです。

 

吐き戻しをしたり、おもちゃや飼い主にお尻をこすりつけるのは、オスの発情行動です。

インコのオスの発情

オスの性格は

一般的に、オスの方がなつきやすく、積極的で甘えん坊が多いと言われています。

オスはメスの気をひくために、よく鳴きます。縄張り意識が強く、攻撃的になることもあります。

 

 

 

メス

  • ろう膜(鼻)が茶色くカサカサになる
  • 紙をちぎるなどの巣作り行動をする
  • 背中をそらせて「シャチホコポーズ」をする
  • 卵を産む

「シャチホコポーズ」はお尻を上げて背中をそらせるポーズで、交尾の体勢です。

シャチホコポーズ

紙や木をかじって巣作りをしたり、巣になりそうな狭い場所に潜り込んでいくのも、メスの発情行動です。

また、メスは1羽だけで飼っていても卵を産むことがあります。卵を産めばメス確定ですね。

 

鼻の色が変化するのもメスの特徴で、発情期が来るたびに茶色っぽくなります。

 

メスでも自分の名前を言ったりするインコもいますが、オスに比べるとそれほどおしゃべりは得意ではないようです。

 

 

メスの性格は

オスに比べると、鳴き声も静かでおとなしいインコが多いようです。

気が強く、飼い主に対して少しドライなところもあり、オスよりも一人遊びが得意だと言われています。

 

 

性格はあくまで傾向なので、当てはまらないこともあります。同じオスでも、個体によって全然性格が違うので、性格だけで性別を判断するのは難しいです。

 

 

 

頭の形で性別を見分ける

よく言われるのが、「オスは頭の形が丸っこい」「メスは平たくなっている」ですが、私には全然わかりません。

 

この方法は、オスメスどちらもたくさん飼ったことがある人じゃないと、見極められないかもしれません。

 

 

 

最終手段は遺伝子検査

セキセイインコの性別は、獣医さんでも間違えることがあります。

レントゲンを撮っても性別はわからないので、はっきり断定するためには遺伝子検査をします。

 

遺伝子検査は、採血をして血液を調べてもらう方法です。病院によって費用は異なりますが、だいたい5,000円〜10,000円くらいです。

 

専門の検査機関に依頼するので、結果がわかるまでに1〜2週間ほどかかります。

 

この方法だと、ほぼ確実に性別がわかりますが、採血でインコに痛い思いをさせることになるので、病気の特定などでどうしても必要な場合のみにしましょう。

 

 

 

-お世話と暮らし, インコを迎えよう
-,

Copyright© セキセイインコのいる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.