雛の育て方

セキセイインコの雛まっしぐら!おいしい挿し餌の作り方

更新日:

本来、セキセイインコの雛は生後1か月半くらいまでは親鳥から口移しで餌をもらいますが、この時期の雛をお迎えした場合、人間が親鳥のかわりに餌を与えます。この行為を「さし餌」と言います。

 

さし餌の作り方

【材料と準備するもの】

さし餌の材料

  • あわ玉(ムキアワ)
  • フォーミュラ(パウダーフード)
  • お湯
  • 容器・スプーン
  • 温度計(写真には写ってないですが重要です)

 

【基本の作り方】

1.あわ玉をお湯に20〜30分ほど浸します。(浸していてもそんなに柔らかくなりません)

さし餌の作り方粟玉

 

2.お湯をきり、パウダーフードを入れます。

粟玉とフォーミュラ

 

3.60度以下のお湯を少しづつ入れます。

さし餌の作り方お湯の温度

 

4.よく混ぜて40度くらいまで冷ましたら完成です!冷めないうちに与えましょう。

さし餌の作り方

あわ玉とフォーミュラは1:1の割合で混ぜますが、食いつきが悪い場合はあわ玉の量を増やしてみて、慣れてきたら徐々にあわ玉を減らします。

さし餌は傷みやすいので作り置きはせず、毎回新しく作り直しましょう。

 

【硬さ】

幼い雛の方が柔らかいものを好みますが、水分が多すぎてもよくないので、育つにつれて水分量を減らしていきます。

はじめはポタージュくらいの硬さから、徐々にホットケーキの生地くらいの硬さにしていくのが目安です。水分が少なすぎても食滞を起こしやすいので、気をつけましょう。

 

【温度】

インコの体温は42度と言われています。親鳥が口移しで与えるときは、エサの温度も体温と同じくらいになっているはずなので、さし餌の温度も40〜42度で与えます。

 

冷めたエサを与えると、食いつきが悪くなるだけでなく、消化不良の原因にもなります。与えている途中で冷めてきたら、湯煎をして温めなおします。熱すぎるとやけどしてしまうので、温度計を使ってこまめに確認します。

 

パウダーフードを混ぜるときのお湯の温度は必ず60度以下にします。熱湯を注ぐと、でんぷんやたんぱく質が変性し、そのうにカビが生えたり、消化不良の原因になります。

 

 

上記の作り方はあくまで一例です。雛の購入時に、ペットショップで与えていた内容を聞き、同じものを与えるようにしましょう。

昔はあわ玉だけを与えることがほとんどでしたが、最近は栄養面を考え、パウダーフードのみを与えるお店もあるみたいです。

 

 

-雛の育て方
-,

Copyright© セキセイインコのいる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.